赤ちゃんのヘルメット治療!経過や効果の体験談②ヘルメット治療を決断した理由

今日もママ・パパ育児お疲れさまです!頑張ってくれてありがとう☆

娘のももの頭の形が絶壁になり、頭部もとがった形になっている事がとても心配になり、

生後5ヶ月からヘルメット治療(スターバンド)を開始しました。

今回は、ヘルメット治療を決断した理由と申し込みについてお話します。

ヘルメット治療を決断した理由

福岡大学での「頭の形外来」で、ももの頭の形の測定値は、

短頭レベル1、斜頭レベル2の総合で軽度でしが、悩む点は多くありました。

・測定レベルでは軽度だが、ヘルメット治療なしで形が目立たなくなる確率は50%との事。ももはどちらか分からない。

・治療しない場合、とがり頭は、今後どう成長していくのだろうか。

・もし、ヘルメット治療をしなかった場合、ももは女の子なので頭の形をコンプレックスに思わないだろうか。

・普段から過敏でよく泣くもも。そもそもヘルメットを被ってくれるだろうか。

・ずっと機嫌が悪い状態だったり、ヘルメット治療のストレスで夜泣きしたりしないだろうか。

・赤ちゃんにずっとヘルメットをさせるのは、やはりかわいそうではないだろうか。

・経験談を読んでいると、ヘルメット治療は皮膚トラブルとの闘いでもあるとの事。

・だだでさえ過敏なももの育児でヒーヒーしている自分が、ヘルメット治療をしている赤ちゃんのお世話をできるだろうか。

・治療費は税込み388800円。プラス、フォローアップの交通費。決して、したいだけでできる金額ではない。

と、上記の項目が頭の中をずっと巡っていました。

両家の親にも相談を行い

「後悔のない選択と、もし、ヘルメット治療をする場合、

もものケアを私が出来る覚悟があるのか」

を考えてみてと言われました。

結果

・ももは女の子なので、出来ればコンプレックスになるような事は改善してあげたい!

・ももは横向きに寝かせる事が出来ないので、他の改善法があまりない。

・担当医の先生に言われた「特殊な頭の形」という言葉が頭から離れない。

・ここまで来て、もし治療しなかった場合、私自身が後悔しない自信がない。

・やれるだけの事はやってあげたい!費用は、今後私が稼ぐ!

という気持ちが強くなり、夫と話し合いヘルメット治療をする決断をしました。

ヘルメット治療の申し込み

タイムリミットの翌日の午前中にスターバンドの担当者さんに連絡を行いました。

その際、すぐに申し込み書をFaxかメールに添付して送ります。

ヘルメットの柄もデザイン一覧から選んで、

第一希望と第二希望を記入します。

この一覧から選ぶのですが、アメリカンなカラフルな柄です!

ヘルメットにするため、柄は伸びるそうです。

全くイメージがわかなかったので、、

インスタで検索して、ヘルメット姿の赤ちゃんを参考にさせて頂きました。

女の子は、やはりピンク系のかわいい系が人気でした。

特にピンクにちょうちょうの柄の女の子が多い印象で、

やわらかい雰囲気がかわいく、その柄を第一希望に決めました!

最後に

次回、ヘルメットの受け取りと初装着についてお話ししたいと思います。

前回に続きこのページをお読み頂いているママ、パパさんは、

お子さんの頭の形で悩まれて、たどりつかれたかもしれません。

当時の私の気持ちを読んで下さりありがとうございます。

「頭の形外来」を受けて、実際ヘルメット治療をするか、しないかの決断は、

本当に悩ましいと思います。

保険が効かない高額な金額とこれからのお世話について、

すぐに決断するのは正直難しいですよね。

フォローアップ先が遠方の方もいらっしゃると思います。

赤ちゃんを連れての移動、それだけでもとても大変です。

往復8時間というお母さんとも出会いました。

ヘルメット治療をさせてあげるのも愛、

やっぱりヘルメット治療はかわいそうだとしない選択も愛だと思います。

ママの気持ちに正直に決断した選択に間違いはないと思います!

ママ、パパ今日も一生懸命育児してくれてありがとう☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする