赤ちゃんのヘルメット治療!経過や効果の体験談⑨治療開始から3ヶ月後の経過と卒業について

今日もママ・パパ育児お疲れさまです!頑張ってくれてありがとう☆

娘のももの頭の形が絶壁になり、頭部もとがった形になっている事がとても心配になり、

生後5ヶ月からヘルメット治療(スターバンド)を開始しました。

今回は、ヘルメット治療開始から3ヶ月後の経過と卒業についての体験談をお話ししたいと思います。

ヘルメット治療三カ月後の経過と測定

九州のフォローアップ先では、フォーローの度に頭の形のスキャンは実施されておらず、

データで見れるのは、治療中盤と終了のみとなります。

ヘルメット治療を開始してちょうど3ヶ月後に(生後8カ月時)

初めて経過のデータスキャンの日となりました!

治療の成果がデータとしてはっきりと分かるので、楽しみでした。

また、軽度だと、三カ月でヘルメット治療を卒業する赤ちゃんも多いとの事で、

この日の結果は、とてもドキドキしました。

ヘルメット注文時と同様のSmartSocという、

スマホで3Dカメラのデータを測定を行いました。

結果、短頭レベル1、斜頭レベル1に改善!!

短期間で成果が出ている方だそうです!

紫の線が、治療開始前で、水色の線が治療三カ月後です。

斜頭部分が綺麗に改善して、横から見ると

絶壁部分(短頭)も頭が成長して、膨らんでいます!

ただ、とがり頭の部分(おでこからてっぺん当たり)は、全く成長していませんでした。

卒業するかどうか

AHSさん的には、卒業の数値だと言われました。

ただ、今回の治療は、とがり頭の改善の目的もあったので今後治療を継続するかどうか、大いに悩みました。

継続すると、とがり部分に空間をあけているので、抑えられた力がそこに集中して、

とがり部分が膨らむ可能もあるかもしれない。

けれど、もともと骨の発達上、成長しにくい部分ではある。

また、斜頭と短頭がすでに改善されているため、ヘルメットの構造上、

斜頭だった左側に空間が開いている状態なので、

治療を続けると今度は、逆にその左だけが膨らんで成長してまう可能性もあり得る

と言われました。

ヘルメット治療を継続するかの結論

結果、今回で卒業する事に決めました!

理由は、2点あり、

・斜頭、短頭が改善された事により、見た目にも頭の形が整い、

治療前と比べてとがり頭の形も目立たなくなった!

・ヘルメットを被る事で、おでこ部分が抑えられ目が細くなり、治療中、顔が不細工になる。

発達には問題がないと言われたが、実は両親ともにずっと気になっていた!

問題ないと言われたが、やはり心配でした。

(ヘルメットを外すと、あれ?こんなに可愛かったっけ!?となりました。)

この2つが大きな理由で、卒業を決めました!

また、生後8か月だと、いわゆるリバウンドといわれる、

寝かせ方や向き癖などで、再び斜頭や短頭になことは、ほぼないとの事でした。

どうしても心配の場合、あと一ヶ月の生後9カ月まで、夜だけ装着して、

その後そのまま自宅にて卒業をアドバイス頂きました。

ヘルメット治療の成果

ヘルメット治療をする前と、治療3ヶ月後の経過画像の比較です。

見た目的にも、形が随分整い効果がました!!

ヘルメット治療を決断するかどうかから、

この3カ月間、悩んだり心配したりと大変でしたが、、、母子共に頑張り報われました!

こうして結果が出て、頭の形が改善出来きて効果が出た事に、

治療をして本当に良かったと思います!

また、AHSの担当者さんとフォーローアップ先の技師さんには、

私の拘りが強すぎて、とてもご迷惑をお掛けしましたが、

真摯に対応頂きまして、感謝でいっぱいです。

最後に

次回は、ヘルメット治療を終えて、現在1歳4か月になる、

その後のももの頭の形についてお話ししたいと思います。

前回に続きこのページをお読み頂いているママ、パパさんは、

お子さんの頭の形で悩まれて、たどりつかれたかもしれません。

当時の私の気持ちを読んで下さりありがとうございます。

ヘルメット治療をするにあたって、やはり一番気になるのは治療の効果ですよね。

費用自体、したいと思ってもすぐに決断できる金額ではなく、

ヘルメット治療をする事については、悩む事が尽きないですよね。

私も、一日中ももの頭を見ながら悩む日々でした。

第一子で育児さえも何もわからない状況で、ひっしに赤ちゃんのお世話をする日々。

産後の体もようやく落ち着いてきて、やっと生活リズムも慣れてきたかな?

と思い始めた3ヶ月や4ヶ月に、ふと気づけば頭の形の問題。

正に一難去ってまた一難。

疲れた体で、本来休みたい時間や睡眠を削り、ヘルメット治療をするかどうか、

しなくても改善するんじゃないかとスマホを凝視して調べる日々。

そんなママへ伝えたいです。

「ママ、ありがとう」

私の経験が、もし何かお役に立てると嬉しいです。

今日も一生懸命育児してくれてありがとう☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする